バカ言ってんじゃないよ。

modoki.info

雑記

犯罪者の脳を調べろ〜脳の異常性と犯罪、刑務所・死刑という刑罰システムの野蛮さについて

更新日:

脳についての本を読んでいた。

サワリの部分は、この記事でも読んでいただくこととして・・・

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9497

 

本記事のテーマは、「犯罪における脳の異常がもたらす影響の問題」だ。

「脳に何かしらの異常があることが原因となって引き起こされるものは、犯罪全体の何パーセントか。」

このような問いに対し、「100」と答える学者もいるのらしい。

 

上記のウェブ記事にもあるとおり、ならば、現在の刑罰システムを見直す必要がある。

現在では、罪を犯した者を捕らえたら、どう扱うか。

ざっと言えば、捕まえて刑務所に閉じ込め、規則正しい生活や社会復帰に繋がるとされる刑務作業などを行わせることを通して、受刑者を矯正しようとする。

 

しかし、このような「矯正」が異常がある脳の「矯正」にとって最適であるかは、かなりの疑問がある。

実際、再犯率(犯罪白書では“再入者率”との表現)は、ゼロからは程遠い。

http://www.moj.go.jp/housouken/houso_hakusho2.html

平成28年版 犯罪白書 第5編/第1章/第3節 5-1-3-1図 入所受刑者人員中の再入者人員・再入者率の推移(総数・女性)

平成28年版 犯罪白書 第5編/第1章/第3節 より

 

猟奇的な殺人事件においては、事件前に、犯人の異常な行動が知られている場合が少なくないと言えるだろう。

具体的には、猫や犬を殺したり、「周囲に人を殺してみたい」と告白したりなどである。

異常な言動の裏に脳の疾患などの異常性を想定するのは、決して異常なことではないだろう。

 

事件が起こってしまった後には、学者たちが様々な立場から自分なりの解釈で、事件自体や加害者の心情を説明しようとする。

しかし、ありふれた考えではあるが、「加害者と同様の立場に置かれても、人を殺さない人間はいくらでもいる」ということは言える。

 

また、なされる説明の多くは正常者が異常者を安易に理解しようとした「ただの物語」でしかなく、現実の問題解決のために何らの寄与もしないものとも思われる。

有り体に言うなら、事件自体をある程度は理解可能なものに変えたつもりになることで、ごく小さなかりそめの安心を得ること以外には何の役に立っていない、ということだ。

 

人間はそもそも、人を殺すようにできてはいないだろう。

殺し合いを好む遺伝子などというものは、進化の過程で淘汰されてきたと考えるのが普通ではないか。

狩猟時代の人間社会については小集団同士の凌ぎ合いの歴史と見ることも可能だが、そうした闘争性と、佐世保女子高生殺害事件の加害者が持ったような「人を殺してみたい」という類いの強い衝動とは、まったく別のものだろう。

 

もちろん、脳を調べたからといって、重大な犯罪を犯した者のすべてにおいて異常が確認されるわけではないとも思われる。

けれども現在のような精神鑑定では、あまりに人間的、物語的な解釈に頼りすぎているように感じる。

 

例えば、自分の脳に腫瘍ができたとして、それが原因で何人もの殺人を犯したとしてしまったとしたら、どうだろうか。

ただ死刑にされるのと、原因が分かってそのせいだとみなされ治療されるのと、どちらが望ましいと思うだろうか。

 

脳の異常性という観点から犯罪を見れば、現在のような刑罰システムは、未来において非常に野蛮なものであったとみなされる可能性がある。

「脳の状態に着目せず、ただ閉じ込め作業を強いることなどは、ほとんど何の解決にもならず、蛮行とも言える未熟な慣習でしかなかった」との解釈が、一般的なものになるかもしれないということだ。

 

将来的には、「何らかの犯罪がなされた場合には、脳の検査を行い、異常箇所を治すことで社会復帰をさせる」というような「制度」が想定される。

あるいはもっと言えば、定期的に脳を調べ、疾患があれば治療することで、犯罪を未然に防ぐようなことも考えられるだろう。

これによって、犯罪がかぎりなくゼロに近い社会が実現する可能性さえある。

 

現状では脳科学の知見が足りないため、ここまで一気に進めるのは無理だが、いずれにせよ犯罪に対しては脳の仕組みや状態という目線からのアプローチが必須になってくるだろう。

基本的に、犯罪者は社会にとっての「厄介者」であり、その扱いの改善については遅れがちになりやすい部分があるのではないだろうか。

けれども、社会全体の幸福度を上げるためには、早急に手を加えるべき重要な問題と言える。

 

という感じで・・・。

まぁ、要するにカンタンに言うなら、「あきらかにおかしいヤツは、とっとと脳を調べろ」って話だ。

頼んまっせ、ホンマに。

 

⇒ amazon

⇒ 楽天

⇒ ヤフーショッピング

-雑記
-, , , ,

Copyright© modoki.info , 2017 AllRights Reserved.